水戸市のネイルサロンMIU アート練習

2018/03/21
練習

おはようございます! 古河ですwink

3/21春分の日。お彼岸。春分の日とは「自然をたたえ生物をいつくしむ日」って私もあらためて知りました笑

お彼岸なのでお墓参りにいく予定ではいますが、本日あいにく天気悪いですね。。しかも寒いです。

なかなか冬の防寒着はしまうことができませんね・・

本日、休日ですが、水戸店、笠間店どちらも空いてるお時間がございます!是非お電話お待ちしておりますwink

 

さて、昨日は新人スタッフ、笠間店に来てアートの練習会をしました。ネイルサロンへ入店しすぐに技術に入れるわけでもありませんので、ほかの業種と比べるとスタッフ育成は大変です。

私一個人企業、育成トレーニング教育を受けたわけではございませんが、私がサロンワークを13年続けてきた中で得た事を惜しみなく伝えていっています。

ネイリストも一通りサロンワークができるようになると、周りもダメな部分を指摘することができなくなってきてしまいます(プライドを傷つけてしまうんではないか?など)

アートのセンスなどは個々に違いがあるために余計言いづらい部分です。

サロンワーク13年の私の事も同じ事がいえます。私が信じてやってきている事でも傍から見たら受け入れられない事、直接オーナーには言いづらいと思います。なるべくフランクにコミニケーション取ることで意見を引き出していくことを心がけています。

反論は思考を改善してく、大きなチャンスを与えてくれる

長年大事にしてきた凝り固まった狭い思考を広げるチャンスだと、

何事に前向きに変換する癖を付けていきます。

新人スタッフは不安ばかり。口からでる言葉も不安要素ばかり。始まったばかりなので当然ですのでこれからは業を積むしか無いと思うんです。

与えられた環境でどんな場面であっても、出来ないと思うのではなく、自分はどうすべきかを考える思考を持つことが大事で

仕事人間の夫とよく話す事。

追い込まれた時こそ、自分がどうあるべきかを考える思考のトレーニング=メンタルを鍛える

新人スタッフにはチャンスを与えていきます。荒修業のように感じますが、機会を与えてくれたと、前向きに取り組んでいただきたいと思います。

練習からいろいろ思うことがある古河でした。

最後まで読んでくださってありがとうございましたsmiley